Googleリーダー全文表示と気になる記事をEvernote自動的に飛ばす方法

Googleリーダー全文表示とEvernote自動登録方法

Webからの情報収集とそれを元にしたアウトプットのフローが固まってきて、そのフローの第2弾。

第1弾は、
情報のインプットからアウトプット(ブログエントリ)まで | mylifelog

今回のエントリでは、Googleリーダーで気に入った記事にスターを付けるとEvernoteに自動登録されるフローの設定方法について紹介していきます。

内容は大きく分けて二つ。

前段階の仕込みにあたるGoogleリーダー登録フィードを全文表示させる方法(上図の赤枠で囲った部分)と、気になる記事にスターを付けるとEvernoteに自動的に飛ばす方法になります(上図の青枠で囲った部分)。

これをやっておくと、RSSリーダーで常に全文表示された記事を読むことができるようになり、情報収集の効率を高めることができます。
さらにはEvernoteに保存しておきたい記事が見つかった時にいちいちSafariで記事を開き直してクリップする必要が無くなります。

 

Googleリーダーの登録フィードを全文表示させる(赤枠の詳細)

Googleリーダー登録フィードを全文表示

Googleリーダー等のRSSリーダーで登録したフィードを読もうとすると、一部分しか公開されていない場合があります。
この場合、Googleリーダー上でスターを付けても表示されている分しかEvernoteにクリップされないので、蓄積する情報としては不十分なものになってしまいます。

調べてみると、これを解消する方法があったのでさっそく設定してみました。

全文表示させるにはまるごとRSSというサービスを利用します。

まるごとRSS

ここのフォームにフィードを入力すると、全文表示してくれるフィードが吐き出されます。
ただ、Googleリーダーに登録された多数のフィードを延々と変換させていたのでは日が暮れます。。。というわけで一括で変換できないか調べてみたらありました。

Googleリーダー登録済みのフィードを一発でまるごとRSS化する | Alzirr Blog

このサイトを参考にしました。探していた方法にどんぴしゃりです◎ここでも手順を紹介させてもらうと、

  1. Googleリーダー設定から「OPML ファイル形式で登録フィードをエクスポートする」をクリック
    Googleリーダー全文表示設定1
     
  2. ダウンロードされたファイルをバックアップ
  3. ダウンロードしたファイルをメモアプリで開く(ここではテキストエディット)
    Googleリーダー全文表示設定2
     
  4. メニュー:編集 > 検索 から文字列置換をする
  5. 検索文字列「xmlUrl=”http://」、置換文字列「xmlUrl=”http://mrss.dokoda.jp/a/http/」ですべてを置換
    Googleリーダー全文表示設定3
     
  6. 文字列を置換したファイルをGoogleリーダー設定からアップロード
    Googleリーダー全文表示設定4

手順通りにできればGoogleリーダーの登録フィードが一括で全文表示用のフィードに変換されています。

ここまでできればスターを付ければEvernoteに自動的にクリップされるのはあともう一息です。

ここで一度Googleリーダー登録フィードの整理をしておくと良いかもしれません。
登録フィードの整理方法は過去にエントリしています。

Googleリーダー登録フィード棚卸 | mylifelog

まれにまるごとRSSから全文表示フィードを取得すると上手く表示されないブログがあるので、それについてはフィード消化時に気づき次第、元のブログのRSSフィードを登録し直します。

 

Googleリーダーで読んだお気に入り記事を自動的にEvernoteに飛ばす(青枠の詳細)

お気に入りの記事を手間をかけることなくEvernoteに飛んでいくように設定します。

ここではGoogleリーダー自体の設定と、Blogtrottrというサービスを組み合わせます。
これらの方法についてもしっかりとブロガーの方が紹介していました。

Blogtrottrを使って、Googleリーダーのスター付きアイテムやブログの更新情報などを自動的にEvernoteに飛ばす方法CODE-R

手順は、

  1. Googleリーダー設定からスター付きアイテムを「公開」に設定する
    GoogleリーダーからEvernote自動登録設定1
     
  2. 公開ページのフィードを取得する
    GoogleリーダーからEvernote自動登録設定2
              ↓
    GoogleリーダーからEvernote自動登録設定3
     
  3. Blogtrottrに先程コピーしたフィードURLとEvernote送信用メールアドレスを登録する
    GoogleリーダーからEvernote自動登録設定4

 

これでGoogleリーダーで気になる記事にスターを付けると、全文がEvernoteに飛ばされるようになります。
Evernoteにはこのようなレイアウトで飛ばされます。

GoogleリーダーからEvernoteへ自動登録結果例

タイトルに「****’s starred items in Google Reader」というプレフィックスが付きますが、HMTL形式で記事をEvernoteに飛ばしてくれるので再現性は高いと思います。

 

これで情報を収集して蓄積するところのプロセスで手間がかかりそうな部分は自動化されました。
日々、自分の関心の網にかかりそうな情報を探すことにパワーを割くことができるのでかなりの効率化が図れます◎
個人的に一番助かるのが、iPhoneであろうとiPadであろうとMacであろうと、その時々で利用に適したデバイスでスターを付けるだけで同じ体裁でEvernoteにクリップされることです。

設定してさえしまえば後は楽なのでオススメです◎

 

スポンサーリンク

 

“Googleリーダー全文表示と気になる記事をEvernote自動的に飛ばす方法” への2件のフィードバック

  1. はじめまして、いつも楽しくブログを読んでおります。
    一つ質問があります。
    google readerにて文章が一部しか表記されないブログを全文表示をするというプロセスに付随してのトピックです。
    ブログを全文表示に設定するプロセスをした後、新規ブログをリーダに新たに追加するたびに、再度コード取得→コード変更→購読ブログの消去調整(二重にある物)をしなければならないでしょうか?なにか簡潔な案などあったら教えてください♪

    1. >satoshiさん
      はじめまして。コメントありがとうございます。

      新規ブログを登録する場合
       1.追加したいブログのオリジナルのフィードURLをコピー
       2.まるごとRSSのフォームにコピーしたURLを貼り付けてGO
       3.全文表示のフィードURLが返ってきます
       4.返ってきたフィードURLをGoogleリーダーに登録します
      の手順であれば、1つ追加するのもそんなに苦ではないかもです。

      ボクの場合、この方法でフィードを追加しています。
      いかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です