顔料インクが手軽に使えるスリムな万年筆「SAILOR ハイエース ネオ」

青墨ボトルとカートリッジ

水分や汗でビャーッとインクが延びてしまわないのが気に入ってる万年筆用の顔料インク「青墨」。
以前はLAMY Safariにコンバータ付けてボトルから吸引してましたが、ちょっと前からカートリッジでもうちょいお手軽に「青墨」を使うようになりました。

 

愛用している万年筆用顔料インク「青墨」

青墨ボトルとLAMY Safari

冒頭にも書いたように、SAILORの顔料インク「青墨」をLAMY Safariに充填して愛用していました。
LAMY サファリと顔料インクで安心メモ環境 | mylifelog

濡れてもインクが流れないというのがポイントで、長期に保存することになるであろうMOLESKINEで日記を書くときには手放せないものでした。

満足して使っていたけど、ちょっと面倒に感じていたのがボトルからのインク吸引。。。真の万年筆愛好家が聞いたら呆れてしまうかもしれない苦笑
毎日それなりの量を書いていたので減りが早かったのか吸引頻度も高くてだんだん面倒に。もっと楽に「青墨」使えないかなぁと思ってあれこれ調べはじめました。

 

面倒臭がりにはコンバーターよりもカートリッジ

青墨カートリッジパッケージ

万年筆にはカートリッジというインクの充填が楽なタイプがあります。
青墨にはカートリッジタイプも用意されているのでできればこれを使いたいです。

ところがカートリッジは楽な反面、万年筆本体との互換性に制約がある場合がほとんどで、青墨はSAILOR製なのでカートリッジタイプはSAILOR製の万年筆にしか装着できません。

となるとLAMY Safariは使えないか。。。

高いものじゃなくても書き味には満足できているし、外観も出っ張りが少なくてシンプルであればよいので、SAILOR製のお手軽万年筆を探しました。

 

SAILORにもお手軽でシンプルな万年筆があった

セーラー万年筆ハイエース ネオ

インクがSAILORなら万年筆もSAILORでということで、探してみたら結構あっさり見つかりました。

その名も「ハイエース ネオ」。
ハイエース ネオ | セーラー万年筆

ペン先はステンレスで細字、ボディはアルミと樹脂の組み合わせでかなり軽量です。カラーバリエーションも豊富で、ブラック、レッド、ブルー、グリーン、オレンジの全5色。
Webの通販サイトではボディがクリアなものも取り扱われていました。この記事に上げている写真はクリアタイプのものです。

形がシンプルなだけでなく、クリップがキャップ上端に付いているのが決め手となりました。ノートカバーの背表紙のマチ部分に出っ張ることなく引っ掛けるにはクリップががキャップ上端に付いていることが必須条件なのです(JETSTREAMのFシリーズも同じくキャップ上端にクリップが付いている)。
肝心の書き味もカリッとした感触で個人的にはLAMY Safariよりも好みです。

 

さいごに

万年筆で書いてるところ

万年筆って手入れして大切に長く使うことが一般的だと思うのですが、このハイエース ネオは値段もそんなに高いものではないので、がっつり使って調子が悪くなったら買い換えるという使い方もありだと思います。
もちろんこれも大切に使えば長く使えるはずなので一概には言えないですけどね◎

 

「顔料インクが手軽に使えるスリムな万年筆「SAILOR ハイエース ネオ」」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>